弥生会計仕訳データから会計王仕訳データへの変換手順

●弥生会計側のエクスポート手順

  1. 弥生会計を起動します。
  2. 仕訳日記帳を開きます。
  3. 仕訳日記帳を表示した状態にします。
  4. メニューより「ファイル」→「エクスポート」を選択します。
  5. 書式は“弥生インポート形式”を選択してください。
  6. 出力先は、任意のファイル名を指定して保存してください。

●本プログラムで変換する手順

  1. 本プログラムを起動します。(この画面を開いていたら起動しています)
  2. ①の”変換方法の指定”は「弥生会計の仕訳データ → 会計王の仕訳データ」を選択します。
  3. ②の[設定]ボタンで弥生会計でエクスポートしたファイルを変換元ファイルに指定して下さい。
  4. ③の[設定]ボタンで変換後のファイル名を指定して下さい。
  5. [変換開始]のボタンをクリックすると、変換を行います。
  6. 正常に変換されている場合には、指定したファイルが作成されています。
  7. 問題がなければ、次に進んで下さい。

●会計王のエクスポート手順

  1. 会計王を起動して、インポートする会計データを開いて下さい。
  2. メニューの「ツール」→「仕訳データ一括削除」を選択します。
     削除した仕分けデータは戻せません。実行前に必ずバックアップを保存してください。
  3. メニューの「ツール」→「仕訳データ受入」を選択します。
  4. 表示されたダイアログの設定を行います。
  5. 仕分けデータファイルは、パソコン内のファイルを選択して下さい。
  6. [参照]ボタンで、上記で保存した変換後のファイルを指定して下さい。
  7. 受入形式は「可変長」、区切文字は「TAB」、項目の引用符は「”」を選択してください。
  8. データ種別は、会計王17(他のバージョンでも大丈夫と思いますが未確認です)を選択して下さい。
  9. [実行]ボタンで読み込みを開始します。
  10. 実行結果が表示されます。エラーが発生していた場合は変換もとのファイルを確認して下さい。

解決できない場合はサポートにご連絡ください。


メニューへ戻る