会計王仕訳データから弥生会計仕訳データへの変換手順

●会計王のエクスポート手順

  1. 会計王を起動して、エクスポートする会計データを開いて下さい。
  2. メニューの「ツール」→「仕訳データ出力」を選択します。
  3. 出力条件の出力区間、出力番号は全てを選択します。
  4. 出力形式は、「可変長」、「カンマ区切り」、引用符は「”」を選択します。
  5. データ形式は「会計王17」を選択(他のフォーマット未確認のため)
  6. 出力先は「ファイル」を選択して、[参照]ボタンでファイルを指定します。
  7. 出力項目の選択は、「受入項目のみ選択」ボタンをクリックして、「設定」ボタンで終了します。
  8. 「実行」ボタンでエクスポートが実行されます。
    処理が終わるとダイアログが表示されます。内容を確認して閉じます。

●本プログラムで変換する手順

  1. 仕訳データ変換プログラムを起動します。
  2. ①の[設定]ボタンで会計王でエクスポートしたファイルを変換元ファイルに指定して下さい。
  3. ②の[設定]ボタンで変換後のファイル名を指定して下さい。
  4. ③は、決算日を指定してください。
  5. [変換開始]のボタンをクリックすると、変換を行います。
  6. 正常に変換されている場合には、指定したファイルが作成されています。
  7. 問題がなければ、次に進んで下さい。

●弥生会計側のインポート手順

  1. 弥生会計を起動します。
  2. 仕訳日記帳を開きます。
  3. 全ての伝票を削除します。(手順は弥生会計の説明書をご覧下さい)
     削除した仕分けデータは戻せません。実行前に必ずバックアップを保存してください。
  4. 仕訳日記帳を表示した状態にします。
  5. メニューより「ファイル」→「インポート」を選択します。
  6. インポートファイルは、本プログラムで変換したファイルを指定してください。”;

メニューへ戻る