Month: 6月 2004

歓迎会

今日は取引先で歓迎会がありました。
私も誘われたのですが、先日採用した女性もご招待を受けて出席しました。
当社でも歓迎会をした方がいいと思いますが、私はお酒が強くないし、そのような会をまとめるのは苦手なので、のでつい敬遠してしまいます。
今回は取引先で主催してくれたので助かりました。
いままで1次会で退散していたものの、今回は当社の従業員もいるので2次会まで付き合いました。
おかげで終電です。
それでも間に合ったから良かったです。
そのままいい気分で帰宅できると思ったら、電車を降りたときに、眼鏡がぽろっと落ちました。
よく見ると壊れかかっていた部分が見事にちぎれてしまいました。
あ~~~
明日、眼鏡屋さんにいって直さなければ!

古き良きもの

最近、仕事の合間にちょっとしたデータ処理を頼まれることがあります。
プログラムを組むほどではないけれど、マクロなどではちょっと大変なものです。
先日もエクセルのデータをちょっと加工するものでした。
担当の方はエクセルのマクロで作っていたそうですが、なかなか上手くいかなく、時間もないとのことで私に相談がありました。
聞いた話ではエクセルのマクロは私もそれほど凝ったものを作った経験もなかったので、CSVというテキストファイルに変換してから処理することにしました。
処理ツールは簡単に作れるものを選択しました。
UNIXのテキスト処理ツールで、AWKというものです。
CGIで使われているperlより低機能ですが、かなり強力なツールです。
私が選んだ理由の1つは、連想配列が使えるからです。
連想配列とは、配列の引数に文字列が使えることです。
データ名でなく引数が文字なのです。
通常は
a[0]=3
とか書くところを
b[“mojimoji”]=25
と書けるのです。
この機能を使うと、文字の検索が不要になったり、楽になるのです。
今回はこのツールを使ったことで短時間で目的のものを完成することが出来ました。
ここにあるので興味のある方は
http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/util/text/awk/
このツールはコンソールアプリケーションです。
GUIがここまで発展して使いやすくなったのに、コンソールアプリケーションの出番はまだまだありそうです。
CP/M や DOS で育った私はうれしいです。
個人のページでは紹介しているのですが、もう少し使い込んだら会社のページにも紹介ページを作りたいですね。