「ミニコン」は死語に?

今日、ある大手家電ショップのYに行ってきました。
ふらふらと見ていたら「ミニコン」と書いてありました。
まさかこんなところに「ミニコン」があるわけないですよね。
多分「ミニコンポ」の事だろうとよく見たら、下に「ミニコンポーネント」と英語で書いてありました。
私が今まで聞いたことがある「ミニコン」は「ミニコンピュータ」の事です。
ミニと言っても今のパソコンのような物ではありません。
この上に、「大型コンピュータ」とか「スーパーコンピュータ」というのがあるので、企業向けのそれなりに大きなコンピュータのことでした。
「ミニコンポ」が出たときも、この用語が先にあったからこの用語はちょっと長めですが使っていたと思います。
でも、「ミニコン」という存在が薄れてきたので「ミニコン」と表示したのでしょうね。
私がこの業界に入ったときは、パソコンという用語がNEC独自の商標と思っていたころですが、「ミニコン」という用語は当時から不自然に思っていました。
これとは別に「汎用コンピュータ」と言うのがありました。
これこそパソコンのことかと思ったら、それが大型コンピュータを表していました。
当時のネーミングは変でしたね。

「ミニコン」は死語に?」への6件のフィードバック

  1. そういえば、、20年ほど前からコンピュータ業界は死語(技術も)累々ですよね?ミニコンピュータもそうですが、スーパーコンピュータ(スパコン)ミニスーパーコンピュータ、スーパーミニコンピュータ、エンジニアリングワークステーション等など。。私の初の任務はスーパーコンピュータcray-1のマシンタイムセールスでしたが、1秒800円(当時は消費税はなかった)の説明をするのに「スーパーコンピュータは50mips以上のものを指しています。cray-1は150mipsです。なんていっていました。。mipsなんて単位も死語ですが、mhzに換算すると今のpcは当時のスパコンの何十倍も速いことになります。。当時のハード価格が10億以上したことを考えるとものすごい変化ですよね。。。。

  2. ご訪問ありがとうございます。<br><br>死語ですか・・・<br>確か“パソコン”も世の中に認知され始めた頃には“マイコン”と呼ばれてたような気がします。<br>「太陽にほえろ!」でも石原ヨシズミ(?)さんの役所のニックネームは“マイコン”だったような気がします。<br><br>

  3. nokogiriyama醇_さん、こんばんは<br><br>私の違って大きな仕事をしていたんですね。<br>私の最初の仕事はz80を組み込んだ工作機械のコントローラでした。当時はc言語が出始めの頃です。<br>でも、小さなシステムなのでcp/m上でアセンブラを使っていました。<br><br>最初のエニアックに比べたら今のコンピュータは何倍なんだろう?<br>考えたら眠れなくなりそうです。<br>

  4. ぴらふなさん、はじめまして<br><br>>ご訪問ありがとうございます。<br><br>死語ですか・・・<br>確か“パソコン”も世の中に認知され始めた頃には“マイコン”と呼ばれてたような気がします。<br>「太陽にほえろ!」でも石原ヨシズミ(?)さんの役所のニックネームは“マイコン”だったような気がします。<br><br>—–<br><br>そういえばそんな刑事がいましたね。<br>初めて出てくる回にはパソコンを使って大活躍したような気がします。<br>その後はあまりパソコンを使った覚えはありませんが、慣れないは人には難しい演技ですよね<br>

  5. はじめまして。<br>「ミニコン」といえばdecのvax。<br>vmsは大好きなosでしたが、今は‥<br>懐かしいー、と思い思わず書き込んでしまいました。<br>「ミニコン」なんて久しぶりに耳にしました(^_^;)<br>

  6. 神田/未熟な経営者さん<br>?え?売るべき機械は大きかったですけど、商売はちいさかったです。最小単位240円から80円刻みであがっていくんです。タクシーみたいなもんですね。でも、r●ルートが同業になると、もう顕著でした。以降価格は下がり続け、、、<br><br>でも、そのおかげで、今までコンピュータでも難しかったいろいろなアプリケーションが現れたんですから。 面白いと思います。。<br><br>

コメントは停止中です。